ぶらっと恩田川

土いじり。時々、恩田川の散歩、街歩きに登山。

23/01/15 街歩き 横須賀大津の信楽寺 坂本龍馬の妻 おりょうさんの墓

横須賀市政70周年記念 横須賀風物百選 坂本龍子 案内板説明より抜き書き

 

1850年嘉永三年)6月6日生まれ、一説によれば1842年(天保十一年)の生まれともあり。

1867年(慶応三年)11月15日 満17歳(または25歳)の時に、坂本龍馬が暗殺される。その8年後。

1875年(明治八年)7月2日 満25歳(または33歳)の時に、三浦郡豊島村深田222番地 西村松兵衛の妻ツルとして入籍。

1906年(明治三十九年)1月15日 満56歳(または64歳)で逝去。

葬儀は、同年10月20日に知人隣人の助力で営まれ遺骨は信楽寺に葬られた。

 

2023年1月15日は、亡くなられてから116年目でした。

 

 

23/01/10 帷子川の畑 風強く吹き空澄み渡る

左側の奥にうすっらと見える山々が箱根。

その山々の右端が金時山

金時山の左隣の少し低いピークが23/1/2に登った丸岳。

 

写真では、良く写りませんでしたが、金時山の右側、少し濃い青色の山際の奥に小さな三角形の山が矢倉岳。

 

秋じゃが芋の畝の片付けと春じゃがいもの準備をしながら。

 

 

 



 

23/01/02 箱根外輪山 丸岳1156m

富士山の写真を撮りたくて、芦ノ湖の湖尻水門から外輪山へ登り、乙女峠から仙石へ降りました。残念ですが雲がかかり姿を拝むことできませんでした。

箱根の丸岳と言われても何処?という感じで誰も知らないマイナーな山ですが、単独行含む数パーティーとすれ違いました。要所々に道標や遭難時に場所を伝えやすいように通し番号を記した案内板が設置されていますし、藪も刈り込まれて歩きやすいです。

箱根の″外輪山″と言えば金時山を思い浮べますが、金時山は、写真の案内板に記されている溶岩円頂丘の寄生火山と同じで、粘度が高い溶岩が外輪山の下からニキビのように噴き出て出来た山なので、大量のマグマの噴出によって空洞が生じ、そこが陥没し、陥没せずに残った山裾を『外輪山』と規定する専門的用語としては、誤った表現となるので、厳密に言えば金時山は含まれないことになるようですネ。

でもまあ、固いことは言わずに、これで、箱根の"外輪山”の北端の金時山から東側の峰々と金時山から南に連なる山々の半分位を踏破したことになりました。

残りは、乙女峠から金時山、湖尻水門の分岐から箱根峠までになります。

山へ登る理由は、今はレジャー中心ですが、昔は生活に必要な財を得るただったり、信仰だったりだと思います。乙女峠から仙石へ下るまでの路傍にも石仏が建立されていました。

箱根は温泉施設が沢山あり、巡り歩くのも興味い楽しみです。

計画では乙女峠から仙石バス停まで歩いて小田原駅行きのバスに乗り、富士屋ホテル前のバス停で降りて立ち寄る予定でしたが、たまたま来たバスに飛び乗って強羅へ出て、登山鉄道で宮ノ下駅で下車し、徒歩10分位のところにある共同浴場『太閤湯』で汗を流しました。

これで箱根の共同浴場探訪は、大平台駅近くの姫之湯と二か所入湯です。